ホーム 塩引き鮭 村上の鮭製品 魚介・海産物 ギフト商品 商品一覧 特定商取引法 買い物カゴ

塩引き鮭、新潟の特産品 from日本海 > 塩引き鮭 > 鮭の酒びたし 30g

村上の塩引き鮭

鮭の酒びたし 30g

塩引鮭−越後村上が生んだ最高級の鮭製品

塩引き鮭(塩引鮭)は、「鮭のまち」として知られる新潟県村上市の名産品。地元の村上近海でとれた男鮭の内臓やエラを取り出し、特選荒塩をすりこんだ鮭を数日置いて水洗いし、村上地方特有の浜風で寒風干しにして仕上げた最高級の鮭です。

鮭の酒びたし 30g

村上の芸術的珍味

「鮭の酒びたし」は長期間干した塩引鮭を薄くスライスした村上地方ならではの芸術的珍味です。お茶受けに、またお酒やビールのお供に最適です。通常のおつまみとしてお召し上がりいただいても結構ですし、日本酒やワインに軽く浸して食べていただいても美味。メディアにも毎年のように取り上げられますし、お土産物コーナーなどで新潟の鮭を扱っているところではほぼ必ず置いてある、定番の人気商品です。開封してそのままお召し上がりいただけます。こちらの商品は少量30g入りのお試し用です。

越後村上の塩引き鮭

「鮭のまち」として知られる新潟県村上市の名産 独自の製法でゆっくりと時間を掛けて作り上げます

村上の塩引き鮭の旬は10月〜12月。産卵のため三面川(みおもてがわ)に戻ってきた鮭は脂が乗って肉質も締まっている最高の状態です。この一番美味しい時期に水揚げされた雄鮭を使用し、1本1本丁寧に仕上げます。

塩引き鮭の作り方ですが、水揚げされた鮭からまず内臓やエラを取り出します。続けて長期間保存できるように荒塩をすり込みます。数日間から1週間ほど置いた後、水で塩抜き、軒下などで寒風にさらします。この時期の村上では、至るところで吊り下げられた塩引き鮭を見掛けることができ、冬の村上の風物詩になっています。ちなみに頭を下にするのは村上独特の吊り下げ方。城下町だった村上では、鮭でさえもお殿様に頭を高く出来なかった、というのがその理由と言われています。

鮭が上ってくる三面川(みおもてがわ)は朝日連峰にその源を発し、越後平野の北端村上市を経て、日本海に注ぐ美しい川です。今から二百数十年前の幕藩時代、文化5年(1808年)村上藩士、青砥武平治によってサケの回帰性が発見され、「種川の制度」が考案されました。「種川」とはサケのそ上・孵化を容易にするためのいわば保護河川のことで、日本で最初のサケの増殖法となりました。明治11年の人口孵化成功にともない、三面川の鮭漁はますます盛んになり現在に至っています。越後村上の美味しい塩引鮭、ぜひご賞味ください


鮭の酒びたし 30g

長期間干した塩引鮭を薄くスライスした村上の芸術的珍味。お試しサイズです。

鮭の酒びたし 30g

商品名 鮭の酒びたし 30g
原材料・成分 鮭(日本海産)、食塩
内容量・重量 30g
生産地 新潟県村上市
賞味期限 60日
発送方法 通常配送
発送形態 真空パック
価格 520円

鮭の酒びたし 30g

価格:520円(税込・送料別)

申し訳ありません。
現在欠品中です。


お買い物ガイド

お買い物ガイド

私たちがお届けします!
from日本海 スタッフ